2007年1月20日 (土)

やばし。

Photo_192
食べちゃいますよね…1月って…仕方ないですよね。ウン。

とりあえず、ちょっと多めに豚肉入れるのとかはやめます…

あとはバランスボールですね☆(どーしても欲しい)

コメントの返事が遅れていてすいません!日曜日にはお返事いたしますので、
どんどんコメントくださいね♪

人気ブログランキング Photo_193
いつも応援ありがとうございます♪ダイエットの励みにいたします。。。
ぶたっと…ではなく!ぽちっと☆お願いいたします(*`▽´*)


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年12月22日 (金)

おっと…?

今日久し振りにサークルに行ったんです。

やっぱり踊るのは楽しいし、友達や後輩に会えるサークルはステキ☆

この腰痛はなんだ

Photo_156


人気ブログランキング ←いつも応援ありがとうございます☆
ランキング若干下降気味です…(;△;)皆様の愛の一ポチをお願いいたします~(>人<)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年10月 4日 (水)

もやもや…

今回は、暗いです。。ごめんなさい!


実習が終わっても、課題が出されていて、それが明後日締め切りで、
一昨日ぐらいからまたしても頭は実習モード。
課題が終わっても、13日締め切りの6000字の実習のレポートが待っています。
11月頭の発表会に向けて、サークルの練習は週4に増えました。

どれも気が抜けない。どれも大切でやりきりたい!!
でも、正直、大変……
早くもいっぱいいっぱいのところに…

パンさんが、ケガをしてしまいました……

ケガというか、ぎっくり腰。。。

もともと、遺伝的に腰に負担がかかりやすい背骨の形だというパンさん。
高校生の時に、一度ひどいぎっくり腰になって一週間寝込んだという話を聞きました。

何度か兆候があったのだけど、昨日、とうとう再発…
前回よりは軽いらしく、一人で動ける程度ではあるらしいです。

昨日今日明日と3日間仕事を休んでゆっくりしています。

今週末に会えるはずだった約束も、なくなってしまいました。。ザンネン。。

こんな時、近くに住んでいたらなとすごく思います。
ご飯作ったり、湿布を貼ったり、歩くのを支えたり、
辛いこと手伝って欲しいこと、何でもしてあげられるのになぁ…

なんて言ってても仕方ないので、私に出来ること!思い、
ネットでぎっくり腰について調べ、
早期の対策と腰によい食べ物についての情報を送ってみました。
こんなことしかできないんだもの。やっぱり離れてるのはツライですね。。。

だんだんと良くなってきているとのことなのですが、やっぱり心配です。
課題を仕上げなくてはいけないのに、気になって気になってもやもやもやもや…
会いに行けたらどんなによいかなぁー
でも、今の自分の状況を考えたら、会いに行くことは出来ないんですけどね。。
Photo_93

でも、分かんないなぁ。私のことだから、無理でも会いに行きそうな気がする(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

おとことおんなの違い

今日はちょっとマジメな話です。
つまんないかもです…すいません(^^;

先日地元の友達から、いきなりの報告がありました。

子供ができたそうです。
すっごくびっくりしました。
今まで私の周りでそんな話は聞いたことがなかったので。。。

本来ならきっと喜ばしいことなんです。

でも、彼女は私と同じ20歳で、学生です。
父親も、同い年の学生です。

「どうするの?」って聞いたら
「堕ろすよ。」と返ってきました。
結構あっさりしていた気がして、少しショックでした。。

「彼は何て言ってるの?」
「堕ろせって言ってる」

「心当たりはあるの?」
「よく、わかんない」

「親には?」
「言えるわけない。隠し通す」

分かってはいるんです。
現実的に考えて、産むことは難しいです。
でも、私はすごく複雑な気持ちになってしまったんです。
ちゃんと避妊しなかったことを責めたい気持ちもありました。
あまりにも無責任なんじゃないかって。。
セックスしたら子供ができるんだと、20歳にもなれば十分分かっているはずだって。。
でも、私が責めていいのか分からないし、起こってしまったことを責めても仕方ないし…

とにかく、彼女は堕ろすつもりらしく、彼とも別れる気はないらしいです。
私は「どう選択するかは○○の自由だけど、今はとにかく身体に気をつけてね」
としか言えませんでした。。。


私だったらどうしただろうと考えてみました。
やっぱり当事者になってみないと分からないことが多すぎて、
いまいちピンと来ません。

彼に、前に「もし子供ができたらどうする?」って聞いてみたことがあります。
そしたら「堕ろすしかないでしょ」って言われました。


ううーーーん…(;´へ`)

そして今回、彼にもこの出来事を話してみました。
そして、私が一番引っかかっていた、
「堕ろした後も、彼とそのまま変わらず付き合っていく」
ということについても聞いてみました。
そしたら

「そりゃあそうなんじゃないの?だって、もし今よねちゃんが妊娠して堕ろしても、
うちらは付き合っていくでしょ?」


ううう~~~~~ん………

それってすんごい男寄りの意見な気が…(-_-;)


私だったらそのまま彼と付き合っていくことに
多少の不安や躊躇が絶対あると思うし、
「できちゃったら堕ろすしかない」って、すんなり考えられないと思う。

やっぱり妊娠とか出産って女の方に精神的にも身体的にも負担がかかるものだろうし、
それは絶対に男には理解できない部分があるんじゃないかなあって思ったのでした。


今でも、なんかしっくりこないような、なんだろうなあっていうぐるぐるした感情がうずまいていて、上手く言葉にできません。

この記事を読んで、嫌な気分とかになった人がいたらごめんなさい。
あくまでも私と彼と友達での間での考えですのでご了承くださいm( _ _ )m

とにかくいろいろ考えさせられた出来事でした。
ちゃんと気をつけていかなければならないと思ったのでした。
Photo_32

| | コメント (5) | トラックバック (0)